利用規約

サービスをご利用のみなさまへ - 利用規約

「QRECSサービス」利用規約(以下「本利用規約」といいます)は、基本ガイドラインとなります。なお、ご利用の際は、基本ガイドラインにご同意いただくことになります。

利用規約 基本ガイドライン

基本ガイドラインは当社のサービス(当社が提供するサービスとソフトウエアの総称)をご利用になるすべての方に共通して適用されます。

第1章 総則
第2章 プライバシーポリシー
第3章 ソフトウエアに関する規則(ガイドライン)
第4章 「QRECSサービス」 ショッピングガイドライン

 

第1章 総則
1.当社のサービスのご利用
本利用規約にご同意いただくことによって、当社のサービスをご利用いただくことができます。

 

2.サービス内容の保証および変更
当社は提供するサービスの内容について、瑕疵(かし)やバグがないことは保証しておりません。
また当社は、お客様(出稿者様、ご利用になられる方全てを対象、以下、お客様という)にあらかじめ通知することなくサービスの内容や仕様を変更したり、提供を停止したり中止したりすることができるものとします。

 

3.サービスの利用制限
当社は、サービスのご利用を(以下本章で「ID」といいます)を登録された方に限定したり、一定の年齢以上の方に限定したり、当社が定める本人確認などの手続を経て一定の要件を満たしたお客様のみに限定したりするなど、利用に際して条件を付すことができるものとします。
また、当社は反社会的勢力の構成員(過去に構成員であった方を含みます)およびその関係者の方や、サービスを悪用したり、第三者に迷惑をかけたりするようなお客様に対してはご利用をお断りしています。

 

4.IDの登録情報
IDを登録していただく場合、(1)真実かつ正確な情報を登録していただくこと、(2)登録内容が最新となるようお客様ご自身で適宜修正していただくことがお客様の義務となります。

 

5.IDおよびパスワード等に関するお客様の責任
お客様を特定する所定の認証方法(IDとパスワードの組み合わせや携帯電話事業者から送信される携帯電話番号ごとに一意に付与される符号の、登録情報との一致確認による認証を含みますが、これらに限りません)によりログインされた場合には、当社は、当該お客様ご自身によるご利用であるとみなします。サービスの利用や商品の購入などによって料金や代金(当社のサービスのご利用にかかる代金、利用料、会費その他名目は問いません。また当社が第三者から回収を受託したお客様の債務を含みます。以下「代金」といいます)が発生した場合には、当該お客様に課金いたします。

 

6.サービス利用にあたっての順守事項
当社のサービスのご利用に際しては以下に定める行為(それらを誘発する行為や準備行為も含みます)を禁止いたします。
(1)日本国またはご利用の際にお客様が所在する国・地域の法令に違反する行為
(2)社会規範・公序良俗に反するものや、他人の権利を侵害し、または他人の迷惑となるようなものを、投稿、掲載、開示、提供または送信(以下これらを総称して「投稿など」といいます)したりする行為
(3)ほかのお客様の使用するソフトウエア、ハードウエアなどの機能を破壊したり、妨害したりするようなプログラムなどの投稿などをする行為
(4)当社のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為
(5)当社のサービス、当社の配信する広告、または、当社のサイト上で提供されているサービス、広告を妨害する行為
(6)ほかのお客様の個人情報や履歴情報および特性情報(第2章プライバシーポリシーにて定義されます)などをお客様に無断で収集したり蓄積したりする行為
(7)サービスを、提供の趣旨に照らして本来のサービス提供の目的とは異なる目的で利用する行為
(8)ほかのお客様のIDを使用してサービスを利用する行為
(9)手段のいかんを問わず他人からIDやパスワードを入手したり、他人にIDやパスワードを開示したり提供したりする行為
(10)当社のサービスに関連して、反社会的勢力に直接・間接に利益を提供する行為

 

7.当社のサービスなどの再利用の禁止
お客様が、当社のサービスやそれらを構成するデータを、当該サービスの提供目的を超えて利用した場合、当社は、それらの行為を差し止める権利ならびにそれらの行為によってお客様が得た利益相当額を請求する権利を有します。

 

8.当社に対する補償
お客様の行為が原因で生じたクレームなどに関連して当社に費用が発生した場合または当社が賠償金などの支払を行った場合、お客様は当社が支払った費用や賠償金など(当社が支払った弁護士費用を含みます)を負担するものとします。

 

9.お客様のデータおよびコンテンツの取扱い
お客様が当社の管理するサーバーに保存しているデータについて、当社ではバックアップの義務を負わないものとし、お客様ご自身においてバックアップを行っていただくものとします。
なお、当社のサービスの保守や改良などの必要が生じた場合には、当社はお客様が当社の管理するサーバーに保存しているデータを、サービスの保守や改良などに必要な範囲で複製等することができるものとします。
また、電子掲示板など、不特定または多数のお客様がアクセスできるサービスに対してお客様が投稿などをしたコンテンツについては、お客様または当該コンテンツの著作権者に著作権が帰属します。
当該コンテンツについて、お客様は当社に対して、日本の国内外で無償かつ非独占的に利用(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、出版を含みます)する権利を期限の定めなく許諾(サブライセンス権を含みます)したものとみなします。
なお、お客様は著作者人格権を行使しないものとします。

 

10.広告掲載について
当社は、提供するサービスやソフトウエアに当社または当社に掲載依頼をした第三者の広告を掲載することができるものとします。

 

11.投稿などの削除、サービスの利用停止、ID削除について
当社は、提供するサービスを適正に運営するために、以下の場合にはあらかじめ通知することなく、データやコンテンツを削除したり、サービスの全部または一部の利用をお断りしたり、お客様のIDを削除したりするといった措置を講じることができるものとします。
また、お客様が複数のIDを登録されている場合には、それらすべてのIDに対して措置がとられる場合があります。
(1)お客様が本利用規約に定められている事項に違反した場合、もしくはそのおそれがあると当社が判断した場合
(2)当社にお支払いいただく代金について支払の遅滞が生じた場合
(3)指定されたクレジットカードや銀行口座の利用が停止された場合
(4)お客様が破産もしくは民事再生の手続の申立てを受け、またはお客様自らがそれらの申立てを行うなど、お客様の信用不安が発生したと当社が判断した場合
(5)IDが反社会的勢力またはその構成員や関係者によって登録または使用された場合、もしくはそのおそれがあると当社が判断した場合
(6)お客様が一定期間にわたってIDまたは特定のサービスを使用していない場合
(7)その他、お客様との信頼関係が失われた場合など、当社とお客様との契約関係の維持が困難であると当社が判断した場合
投稿などの削除、サービスの利用停止、ID削除について
当社は、提供するサービスを適正に運営するために、以下の場合にはあらかじめ通知することなく、データやコンテンツを削除したり、サービスの全部または一部の利用をお断りしたり、お客様のIDを削除したりするといった措置を講じることができるものとします。
また、お客様が複数のIDを登録されている場合には、それらすべてのIDに対して措置がとられる場合があります。

 

12.免責事項
当社の債務不履行責任は、当社の故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。
なお、お客様との本利用規約に基づく当社のサービスのご利用に関する契約が消費者契約法に定める消費者契約に該当する場合、上記の免責は適用されないものとし、当社は、当社の故意・重過失に起因する場合を除き、通常生じうる損害の範囲内で、かつ、有料サービスにおいては代金額(継続的なサービスの場合は1か月分相当額)を上限として損害賠償責任を負うものとします。

 

13.利用規約の変更について
当社が必要と判断した場合には、お客様にあらかじめ通知することなくいつでも本利用規約を変更することができるものとします。
ただし、ご利用いただいているお客様に大きな影響を与える場合には、あらかじめ合理的な事前告知期間を設けるものとします。

 

14.通知または連絡
お客様が当社への連絡を希望される場合には、当社が設けた問い合わせページまたは当社が指定するメールアドレスあてのメールによって行っていただくものとします。
当社は、お客様からのお問い合わせに対する回答を原則としてメールのみで行います。

 

15.権利義務などの譲渡の禁止
お客様は、本利用規約に基づくすべての契約について、その契約上の地位およびこれにより生じる権利義務の全部または一部を、当社の書面による事前の承諾なく第三者に譲渡することはできません。

 

16.準拠法、裁判管轄
本利用規約の成立、効力発生、解釈にあたっては日本法を準拠法とします。
また、当社のサービス(掲載内容や広告などを含む)、ソフトウエアに起因または関連して当社とお客様との間で生じた紛争については東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

17.利用規約の適用制限について
本利用規約の規定がお客様との本利用規約に基づく契約に適用される関連法令に反するとされる場合、当該規定は、その限りにおいて、当該お客様との契約には適用されないものとします。
ただし、この場合でも、本利用規約のほかの規定の効力には影響しないものとします。
(2019年10月1日制定)

 

第2章 プライバシーポリシー
当社がお客様、取引先をはじめとした皆さま(以下本章で「お客様等」といいます)のプライバシーに関連する情報を取り扱う際の基本方針(プライバシーポリシー)は、以下のとおりです。
本プライバシーポリシーは、当社が取り扱う、個人としてのお客様等を直接的または間接的に識別できるすべての情報(以下「パーソナルデータ」といいます)について適用されます。

 

1.パーソナルデータの取得
当社は、以下の場合にパーソナルデータを取得いたします。
(1)端末操作を通じてお客様等にご入力いただく場合
(2)お客様等から直接または書面等の媒体を通じてご提供いただく場合
(3)お客様等によるサービス、商品、広告、コンテンツ(以下これらをまとめて「サービス等」(*)といいます)の利用・閲覧に伴って自動的に送信される場合
(4)上記の他、お客様等の同意を得た第三者から提供を受ける場合など、適法に取得する場合
* サービス等は、パートナー(**)向けおよびご本人以外のお客様等向けのサービス、商品、広告、コンテンツを含みます。
** パートナーとは、当社の情報提供元および広告主、広告配信先その他の提携先をいいます。

 

2.パーソナルデータの利用目的
当社は、以下のことを行うためパーソナルデータを利用(***)いたします。パーソナルデータの具体的な活用事例については、こちらをご確認ください。
(1)お客様等に適した当社のサービス等をご提供するため
(2)お客様等からのお問い合わせに対応するため
(3)商品の配送、代金請求、等をするため
(4)お客様等に当社およびパートナーのサービス等に関するお知らせをするため
(5)当社のサービス等の安全なご提供を確保するため。これには、利用規約に違反しているお客様を発見して当該お客様に通知をしたり、サービス等を悪用した詐欺や不正アクセスなどの不正行為を調査・検出・予防したり、これらに対応することが含まれます
(6)当社のサービス等の改善および当社の新たなサービス等を検討するため
(7)当社のサービス等のご利用状況等を調査、分析するため
上記にかかわらず、当社が第三者からパーソナルデータの提供を受ける際に、当該パーソナルデータの利用目的について別途定めがある場合は、その定めに従い当該パーソナルデータを利用します。

*** 本条に定める利用には、当社が取り扱うお客様等のID、クッキーその他の各種識別子を紐づけて管理し、利用する場合を含みます。

 

3.パーソナルデータの提供の同意
法令で認められた場合のほか、お客様等の同意をいただいた場合は、当社はパートナー等の第三者(外国にある第三者を含みます。以下同じ)に対してパーソナルデータを提供いたします。ただし、以下の場合においては、氏名や住所など直接特定の個人を識別することができる情報を除外した上で、当社は第三者に対して、必要な範囲でパーソナルデータを提供いたします。
(1)当社のサービス等の提供に必要な場合
(2)当社のサービス等の品質向上のために必要な場合
(3)当社の新たなサービス等の検討のために必要な場合
(4)調査・研究・分析のために研究機関に提供する場合

 

4.セキュリティについて
当社は、個人情報の保護に関する諸法令および本プライバシーポリシーに従って、パーソナルデータを適切に取り扱います。パーソナルデータを適切に取り扱うため、社内規程および組織を整備し、パーソナルデータを処理する情報システムの安全を確保します。また、これらの安全管理措置が適切に講じられていることを担保するため、情報セキュリティマネジメントシステム認証を取得しています。
当社がパーソナルデータの取り扱いを第三者に委託する場合は、当社が定める委託先選定基準を満たす者に委託し、委託先と契約を締結して委託先による業務を適切に管理しています。また、当社は、当社が定める基準を満たす安全管理措置を講じている第三者にのみパーソナルデータを提供します。
パーソナルデータの漏えい等の事故が発生した場合、当社は、法令およびガイドラインに則り、監督官庁への報告を行うとともに、当該監督官庁の指示に従い、類似事案の発生防止措置および再発防止措置等の必要な対応を行います。
(2019年10月1日改定)

 

 

第3章 「QRECSサービス」 ショッピングガイドライン
1. QRECSサービス
QRECSサービス(以下「本サービス」といいます)は、当社のサービスマークの下に、「QRECS」という名称により提供する、定額販売の形態で出稿者と注文者との間で商品の売買または役務の提供に関する取引ができるサービスです。
本サービスは、出稿者と注文者との間の交流を通じて商品の売買または役務の提供に関する契約(以下「売買契約等」といいます)締結の機会を提供するものにすぎません。出稿者と注文者との間の売買契約等は、取引条件に関する双方の意思が合致したときに成立します。出稿者と注文者との間で商品の売買または役務の提供に関する取引条件をよく確認し、取引を行うかどうかの判断をご自身で行ってください。
本サービスの利用を契機として出稿者と注文者との間で成立した売買契約等に基づく商品の送付または役務の提供、当社所定の決済システム以外の方法による代金の支払または代金の回収等の一切の事項については、出稿者と注文者との間の責任において行っていただきます。
当社は、売買契約等に関して契約当事者としての責任、権利および権限は一切有しておらず、売買契約等について一切責任を負いませんので、お客様ご自身の責任において十分ご注意のうえ取引を行ってください。
当社所定のルールについても、本サービスのショッピングガイドラインの一部を構成し、当該ルールに違反した場合も、本サービスのショッピングガイドラインに違反したものとみなします。

 

2. 用語の定義
「QRECSショッピングガイドライン」の各用語の定義は、以下のとおりとします。
「出稿者」とは、別途当社との間で利用に関する契約を締結し、本サービスを利用して商品等を出品する者をいいます。
「商品等」とは、出稿者が本サービスを利用して販売する商品または役務をいいます。
「出稿者ページ」とは、出稿者が本サービスを利用して出稿者の商品等の情報を掲載することができる、出稿者において全部または一部が編集可能な本サービス内のウェブページをいいます。
「注文者」とは、本サービスを利用して商品等を注文する者をいいます。
「注文」とは、注文者が、本サービスを利用して、商品等の購入の申し込みを行うことをいいます。
「注文額」とは、注文された商品等の販売価格をいい、送料ならびに販売価格に賦課される消費税および地方消費税を含まないものをいいます。
「注文総額」とは、注文額、送料ならびに注文額に賦課される消費税および地方消費税を含む金額をいいます。
「出稿者情報」とは、商品等に関する情報、商品等の販売条件、出稿者の名称、通信販売業務責任者の氏名など、出稿者が出稿者ページに掲載するすべての情報(出稿者ページに掲載する著作物を含みます)をいいます。
「注文情報」とは、本サービスを利用して、商品等を注文した注文者の氏名、住所、メールアドレス、クレジットカード情報を含む支払情報、注文した商品等の名称、数量、商品等発送先住所、受取人氏名など、注文に関するすべての情報をいいます。

 

3. 当社の提供するシステム
当社は、本サービスの利用に必要な範囲で、当社所定の方法で、以下に定める機能の他、本サービスの利用のために当社が任意に設定する機能を有するシステムを注文者に提供します。
商品等を注文する機能
出稿者に問い合わせする機能

 

4. 注文者の順守事項
本サービスの利用を契機として出稿者との間で売買契約等が成立した場合には、取引条件に従い誠実に義務を履行してください。
注文後の一方的なキャンセルや、購入意志のない注文は禁止します。
その他当社所定のルールを順守してください。

 

5. 注文のキャンセル
キャンセル処理は、出稿者しか行うことができません。注文者がキャンセル処理を希望する場合には、出稿者に依頼してください。

 

6. 利用料金
本サービス利用の対価は、ショッピングガイドラインに別途定める場合および別途定める対価を除き、無料とします。

 

7. 当社の行う措置
当社は、注文者が利用規約 第1章 第12項に該当する場合、ショッピングガイドラインもしくは法令等に違反しているまたはそのおそれがある場合、その他本サービスにふさわしくないと当社が判断した場合、同項に定める措置を講じることができます。当社が講じることができる措置とは、IDを削除することのほか、注文者による本サービスの利用を停止することも含みます。

 

8. 当社の免責
当社は、出稿者と注文者との間の取引および商品等の内容や品質等には一切関与しません。従って、注文者は、当社が出稿者と注文者との間の取引または商品等に関していかなる責任も負わないこと、第三者からクレームを受けた場合、自らの責任と費用において対応し解決を図ること、当社が損害(弁護士費用を含みます)を被ったときにはその損害を賠償することにあらかじめ同意します。
当社は、出稿者の情報を注文者に開示する義務を負いません。

 

9. 未着トラブルお見舞い制度について
当社は、本サービスをきっかけとして行われる取引において、注文者が商品未着のトラブルに遭った際に、当社が、当社所定の要件を満たすと判断した場合に、当該利用者に対して現金の交付によりお見舞いを提供する場合があります。

 

10. キャッシュレス・消費者還元事業に関する特約
キャッシュレス・消費者還元事業(以下「本事業」といいます)に関する特約(以下「本特約」といいます)は、注文者が、別途当社により指定されるキャッシュレス・消費者還元事業の対象となる出稿者との間で、商品の売買または役務の提供に関する取引(以下「対象取引」といいます)を行う場合に適用されます。
注文者は、対象取引を行う場合において、不当な取引(次に掲げるものをいい、以下同じとします)が発生し、または不当な取引が発生した疑いがあるとの補助金事務局(公募により経済産業省から採択された本事業の執行団体である一般社団法人キャッシュレス推進協議会をいい、以下同じとします)からの通知を受けたときには、当社は、当該注文者に対する消費者還元等を停止し、提供するキャッシュレス決済手段の使用を停止(補助金事務局が認めた別途の方法を含みます)し、国、補助金事務局または当社を含む決済事業者に生じた損失額に相当する金額を、注文者に対し請求できるものとします。
他人のキャッシュレス決済手段を用いて決済した結果として、自己または他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること
架空の売買や、直接または間接を問わず、自らが販売した商品を同額で再度購入する取引等、客観的事情に照らして取引の実態がないにも関わらず、当該取引を根拠として、自己または他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること
商品若しくは権利の売買または役務の授受を目的とせず、本事業による消費者還元を受けることのみを目的として、キャッシュレス決済を行い、自己または他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること
本事業の対象でない取引を対象であるかのように取り扱い、自己または他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること
本事業の対象取引が取消、解除その他の事由により存在しなくなった、または現金若しくは本事業の対象外取引である金券等による反対給付が行われたにも関わらず、自己または他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること
本事業の対象でない加盟店が対象であると申告することで、他者に本事業における消費者還元に基づく利益を得させること
その他公募により経済産業省から採択された本事業の執行団体である一般社団法人キャッシュレス推進協議会(以下「補助金事務局」といいます)が、補助金制度の趣旨に照らして不当であると判断する取引
注文者は、対象取引にあたり不当な取引を行った場合には、次の各号に掲げる注文者を特定するために必要な情報を補助金事務局及び登録決済事業者(一般社団法人キャッシュレス推進協議会が公表する「キャッシュレス決済事業者登録要領」に基づいて登録されたキャッシュレス決済事業者をいいます)ならびにその委託先に提供することについて同意するものとします。

氏名
生年月日
電話番号
住所
決済手段に付与された番号または記号
引落先銀行口座情報
不当な取引を行った事実

2019 年 10 月 1 日制定

MENU